生まれつき永久歯が足りない

生まれつき永久歯がない場合の矯正治療

こんなお悩みありませんか?【患者様からのよくあるお声】

  • 歯が生えてこない・・・
  • 子どもの永久歯が生えてこない・・・
  • 歯に大きな隙間がある・・・

先天的欠損は、基本的には1~2本が欠けている場合が多いですが、中には全く生えてこないといったケースもございます。永久歯が生えてこないと、歯並び・咬み合せに異常をきたして上手く咬むことが出来なかったり、むし歯や歯周病の原因なったりします。

生まれつき永久歯が足りないことにより、見た目のコンプレックスを気にされている方、矯正治療をお考えの方はまずは当院にお問合せ・ご相談ください。

先天的欠損症例①

Before

先天的欠損症例①Before
先天的欠損症例①Before
先天的欠損症例①Before
先天的欠損症例①Before
11歳、女子。下の前歯2本がなく歯と歯の間に隙間があります。右上犬歯が八重歯のため上下正中線が3mmずれています。治療では、上小臼歯左右各1本抜き上下の歯の数を合わせ、できた空隙を利用して八重歯の状態と上下正中線のずれを直しました。

After

先天的欠損症例①After
先天的欠損症例①After
先天的欠損症例①After
先天的欠損症例①After

先天的欠損症例②

Before

先天的欠損症例②Before
先天的欠損症例②Before
先天的欠損症例②Before
先天的欠損症例②Before
先天的欠損症例②Before
先天的欠損症例②Before
16歳、女子。歯のガタツキを主訴に来院されました。レントゲン写真を見ますと、左右上側切歯、右下第2小臼歯の合計3本がありません。左上前歯の空隙に犬歯が骨中に横たわり歯の一部が歯肉から見えています。治療では、左下小臼歯一本を抜きこの部分のガタツキを取り、左上犬歯は骨から引っ張り出し、右下の隙間は小臼歯、犬歯を隙間に向かって移動しガタツキを取りました。術後の咬み合わせには満足していただいています。

After

先天的欠損症例②After
先天的欠損症例②After
先天的欠損症例②After
先天的欠損症例②After
先天的欠損症例②After
先天的欠損症例②After